阪急IP 阪急インベストメント・パートナーズ株式会社    
TOPへ
事業紹介 会社概要 採用情報 お問い合わせ
事業紹介 Enterprise HOME > 事業紹介 > 不動産アセット・マネジメント事業
 
事業紹介 不動産アセット・マネジメント事業
阪急電鉄グループの事業ノウハウを強みにトータルマネジメントを実現
 不動産投資ファンドの組成においては、安定したストラクチャーの組成・維持、一定の収益性を確保する優良物件の取得、緻密な物件調査を含めたデューデリジェンス、当事者間の関係を網羅したドキュメンテーション、更には有利な条件でのファイナンス・アレンジメント、関係者間の利害調整がその成否を決定付ける重要な要素となります。
 また、運営開始後においても、ポートフォリオ管理、レポーティング、SPC管理、バリューアップ施策、出口戦略によってファンドの価値は大きく左右されます。
 阪急IPでは、阪急電鉄グループが培った資産運用および不動産流動化・証券化のノウハウを駆使し、これらをトータルにマネジメントすることで、不動産投資ファンドの価値の最大化を図ります。

投資案件組成業務
・不動産物件の評価及び各種リスク分析
・ストラクチャリング
・ファイナンス・アレンジメント

資産マネジメント業務
・不動産物件の管理・運用(ビジネスプランに基づく価値向上施策及び売却に関するアドバイス)
・ポートフォリオ管理
・レポーティング(出資者・レンダー向け)
・SPC管理(キャッシュ・マネジメント、アカウンティング)


(注) 本ホームページは当社ならびに当社事業の紹介を目的としており、本ページの記載内容は、特定の金融商品の紹介、勧誘を目的とするものではありません。
Copyright (c) 2005 Hankyu Investment Partners,Inc.